Hasakiフットサルカップ第13ステージ、優勝:F.C.ゴンザレス準優勝:電子新三年佐藤貴比呂、3位:FC.SOFTという結果になりました。

夏の始まりを感じさせる強い日差しが射す中行われたフットサルカップ2008第13ステージスーパーギビナー大会。

優勝争いを繰広げたのは、F.C.ゴンザレス、電子新三年佐藤貴比呂、FC.SOFTの3チームとなった。

FC.SOFT VS 電子新三年佐藤貴比呂

FC.SOFTは結成して1年のほぼ初心者の集りで構成されたチーム。しかし中には、切れのあるドリブルで仕掛けるプレーヤーやセンスあふれるパスを出すプレイヤーもいるため、そのプロフィールだけでは判断しかねる、実力のあるチームである。

一方の電子新三年佐藤貴比呂、こちらのチームの構成はサッカー部以外の部活での集り。しかし現役大学生ということもあり、体力には絶対の自信をもつ。縦横無尽に走り回り勝機を見出す頑張れるチームである。

この対戦は接戦となるも1−2で電子新三年佐藤貴比呂が勝利する。

FC.SOFT VS  F.C.ゴンザレス

F.C.ゴンザレスはミックスチーム。基礎技術のしっかりとした女性プレイヤーと、技術、スピードともに持ち合わせた男性プレイヤーとで構成されたフットサルを楽しみながらも勝ちにこだわる理想のチーム。

前半はFC.SOFTが何度となくキーパーと1対1の決定的な場面をつくるも、F.C.ゴンザレスのキーパーのファインセーブで得点をあげられない。

後半F.C.ゴンザレスもキーパーと1対1の場面をつくるが、こちらも決めきれず0-0のドローとなる。

F.C.ゴンザレス VS 電子新三年佐藤貴比呂

まず先に先制したのは、電子新三年佐藤貴比呂。

元気のあるチームだけに先制を許すとそのままの勢いに・・・
そんな雰囲気の中、F.C.ゴンザレスに最高のプレーが出た。

F.C.ゴンザレスの男性プレーヤーがアーリークロス気味の低く速いボールを入れるとそれに反応したのは女性プレーヤー。

この難しいボールに足を伸ばししっかりとボールを捉える。

これが女性プレーヤーをマークしに来たDFの股を抜くスーパーゴールとなり、一気に2得点(女性のゴールは2得点というグリーンネット特別ルール)、嫌な流れを払拭する値千金のゴールをあげる。

これで勢いに乗ったF.C.ゴンザレス後半も追加点をあげ、見事3−1で見事優勝を決めた。

もちろん大会MVPはスーパーゴールを決めた女性プレイヤーとなった。

最後に大会に参加した全ての選手、マネージャーの皆様お疲れ様でした。

スタッフ一同


準優勝:電子新三年佐藤貴比呂 3位:FC.SOFT