Hasakiフットエイトカップ2008第13ステージ、優勝:FREEDOM準優勝:N.K.Dragon、3位:PAUという結果になりました。

フットエイト 第13ステージ スーパービギナー大会

今大会はまさに夏到来といった暑い中でのゲームとなり、選手達は汗を流しながら懸命にプレーしていました。

決勝  FREEDOM VS N.K.Dragon

予選ではN.K.Dragonが勝利したカード。FREEDOMはリベンジをと、ゲーム序盤から運動量を上げ、早いプレスをしかける。

予選とは違い、N.K.Dragonは中盤でボールが落ち着かずに、FWへいい形でのパスが供給できない。

一方のFREEDOM、DFラインでしっかりとボールをつなぎ、FWへのくさびのパスからサイドに展開、スペースを上手く使いゲームを組み立てていく。

そんな中、ゲームを有利に進めていたFREEDOMだったが、パスミスからN.K.Dragonのカウンターを受け、ぺナルティエリア内でボールを受けた相手選手をGKがファウルで止めてしまい、PKを献上。

流れが変わるかと思われたが、N.K.Dragonがこれをまさかの失敗。FREEDOMにとってはピンチをしのいだ形となった。が、N.K.Dragonにとっては、悪い流れを打破するまたとないチャンスだった。

そして、迎えた前半も半ば、ついに先制点が生まれる。FREEDOMのキックインからのボールがDFラインとGKの間のスペースに放り込まれる。N.K.DragonのDFとGKが互いに譲り合ってしまい、そこに走りこんだFREEDOMがGKの前でさわりゴールへと流し込んだ。

この1点にFREEDOMは選手全員が歓喜し、さらに勢いをつける。対するN.K.Dragonも気持ちを切らさずに一からゲームを作り直しにかかる。前半をこのまま折り返し、ゲームは後半、お互いに一歩も譲らずにゲームは進んでいく。

終盤、両チーム運動量が落ちると、中盤にスペースが出来、お互いにチャンスを多く作る。しかし、最後のフィニッシュの精度を欠き1点が奪えない。

結局、FREEDOMがその後、安定した守備を見せ、N.K.Dragonの反撃を抑え、見事優勝を飾った。おめでとう!FREEDOM。そして、惜しくも優勝を逃したN.K.Dragonのみなさん、次回の挑戦をお待ちしております。

N.K.Dragon PAU